便秘の期間とは

正常な排便は生理的な値として120時間に起こるといわれています。この時間よりも長く排便がなく、排便に困難をともなう場合は便秘です。つまり便がお腹に3日以上溜まっていたら便秘なのです。とはいえ、この期間はあくまでも定義であり、3日以上排便がなくても便秘ではない場合もあります。3日から4日に1回しか排便がなくても、それが長年の習慣であり、苦痛でなければ便秘と考えなくても心配ありません。反対に、2日に1回排便があっても、便がまだお腹に残っている感じがあったり、お腹が張って苦しい場合は便秘の可能性が高いです。ストレスや緊張、食生活の乱れなどで一時的に起こることがあります。これを一過性便秘といい、旅行のときは排便がなかったり、平日は毎朝排便があるのに、休日は排便がなかったりするのは、これが原因です。

また、運動不足で便秘になることもあります。腹筋の筋力が低下しているとなるのです。一過性のものなので、健康的な生活を心がければこのような症状は改善されますが、あまりに便秘の期間が長い場合は医師に相談することも考えた方が良いでしょう。

一般的には3日から一週間未満、便秘になる人が多くいますが、長い人だと一カ月以上便秘になることもあるといわれています。排便のペースが遅くても、排便があったときにスッキリ感があれば差ほど問題はありません。しかし、排便のペース的には問題なくても、便がコロコロと硬い状態は便秘を疑いましょう。 当サイトでは便秘の定義や原因、改善法を紹介いたします。

<外部リンク>
便秘対策商品の利用体験談が載っているサイトです ⇒ 便秘 体験

Copyright © 2014 便秘はどれくらい続くといけない? All Rights Reserved.